楽団アドバイザー紹介

吉岡 綾子 (よしおか あやこ) 楽団顧問

国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒。
ドイツ・マンハイム音楽大学大学院卒ソリストコース、並びにリート・デュオ専攻。

2002年国際ウィーン・ピアニストコンクール優勝。ウィーン市長賞受賞。
2003年東京、ウィーン・ロプコヴィッツ宮殿にてデビューリサイタルを開催。
2003年ドイツ・ライオンズクラブコンクール優勝。
2006年にバーデン・バーデンフィルハーモニーとバッハのピアノ協奏曲を共演。

独地元新聞紙上で「卓越したテクニックが煌めくピアニスト」と評される。同年夏、ドイツ国家演奏家資格を取得。並びに、リート・デュオを最優秀の成績で修了。
在独中は特にバッハの音楽を中心に学び、チェンバロ、フォルテ・ピアノの演奏も積極的に行う。
その他、ジャパンチェンバーフィルハーモニーとの共演、ラ・フォルジュルネ「熱狂の日」音楽祭2008への出演、日本フィルメンバーとの室内楽共演など、直近ではチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者であるフランティシェク・ホストとブラームス・アーベントにおいて共演する。また日本国内各地の小学校、病院での演奏にも力を注いでいる。

これまでにピアノを下保俊子、大村立子、吉田たまき、今井顕、佐藤俊、星田知子、尾池真生子、加藤一郎、パウル・ダン、A,ヤシンスキ、H,ライグラフに師事。チェンバロをK,ナイクィスト、さらにリートゲシュタルトゥンクをU,アイゼンロアーに師事。

ホームページ  吉岡綾子 – AYAKO YOSHIOKA PIANIST

宮武 佑果 (みやたけ ゆか) 楽団顧問/弦楽器トレーナー

東京音楽大学卒業。
これまでにヴァイオリンを高畠浩、大谷康子、嶋田慶子、荒井英治、ヴィオラを大野かおる、室内楽を苅田雅治、木野雅之、水島愛子各氏に師事。

第32回霧島国際音楽祭マスタークラスを受講し景山誠治氏に、ウィーン国立音楽大学セミナーを学費免除で受講しエドワード・ツィエンコフスキー氏に師事し各音楽祭演奏会に出演。

第8回セシリア国際音楽コンクールで第2位(最高位)入賞。
第15回大阪国際音楽コンクールにてエスポアール賞受賞。その他入賞を重ねる。

2014年3月ソロリサイタルを開催。蓼科音楽祭2014に出演。2017年5月オルガニスト中澤未帆氏と委嘱作品を含む現代音楽中心の演奏会「生々流転」を開催。2018年にはコントラバス奏者金子さくら氏とのデュオ「Ciliegia」のリサイタルを同年9月に開催。委嘱作品や新曲の再演に積極的に取り組む。

現在後進の指導にあたりながらソロ、室内楽、オーケストラで活動の幅を広げる。

楠木 慶 (くすのき けい) 木管楽器トレーナー

広島県出身。
2013年に東京藝術大学を卒業。その翌年から日本フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者を務める。
第33回日本管打楽器コンクール第2位ほか。